QD Capsule™

QD CapsuleTMは当社の特許技術で
QLEDディスプレイの生産に新しいソリューションを提供します。

QDは何ですか?/なぜQDディスプレイですか?

QDは、半導体のナノ結晶として、純粋な原色の赤、緑、青の光を作ることができます。QDの光特性は、QDの組成と大きさと形状によって決定されます。直径が5-6 nm程度の大きなQDは赤とオレンジなど長波長の光を作る一方で、2-3 nmの小さなQDは青と緑の短波長の光を作成します。

QDディスプレイは青色LEDを光源として使用するが、この青色光がQDフィルムを経て、正確な光の三原色(RGB)に変換されます。したがって、QDディスプレイは自然色をそのまま実装することができ、OLEDよりも高い色再現性を見せます。

当社QD capsuleTMの差別化のポイントは何ですか?

QD高分子カプセルは、QDを外部から保護します。
熱加工の押出工程で、高付加価値のQDフィルムを高い生産性で製造することができます。
QDのほか、様々なコロイド・ナノ粒子のカプセル化も可能です。

'当社のQD capsuleTMの利点は何ですか?

ハンドリングが難しい溶液状態のQDを粉末化しました。
すべてのQD粒子が均等に分散され、発光効率の低下がありません。
高分子の決定版の間にQDが保護されています。
QDカプセルを適用した押出型QDフィルム
従来のフィルム押出方法でも高品質QDフィルムを作成することができます。
ポリマー熱加工でもカプセルの形を維持して、内部QDを保護します。